「植林から製材」そして「木の家」づくり。埼玉県中央部森林組合

就任の御挨拶


謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて私こと このたび 埼玉県中央部森林組合代表理事組合長に就任いたしました
もとより微力ではございますが 関係各位のご支援によりまして
当組合の運営に一層の努力を傾く注いたす所存でございますので
今後とも何卒格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

                                        謹白

平成26年7月
埼玉県中央部森林組合

代表理事組合長 梅沢昇司

地域にしっかりと貢献できる組合づくりを目指して

基本理念、基本方針


基本理念
組合員と共に森林(もり)と向き合い、組合員との絆を大切にして、林業の振興に全力で取り組み、地域の発展と組合員の福祉向上に貢献する。

基本方針
(1)組合員のための森林組合として、信頼性の向上に努めます。
(2)施業の集約化を図り、「伐って、使って、植えて、育てる」の循環型林業を
  推進し、公益的機能を高める豊かな森林づくりに努めます。
(3)路網の整備、作業の機械化を推進し、低コスト作業システムによる採算性の向上に努めます。
(4)木材の加工、供給体制を整備し、地元材の販路拡大に努めます。
(5)地域林業の活性化のため、担い手となる人材の育成に努めます。